地名の由来

縁起のよいまち「かちがわ」

「勝川(かちがわ)」という縁起のよい地名の由来については諸説ありますが、小牧長久手の戦いのときに戦勝に因んで徳川家康が命名したという言い伝えは江戸時代から有名だったようです。江戸時代初期に中山道などの街道が整備されてからは、勝川は名古屋から中仙道へ通じる「下街道(したかいどう)」沿いの宿駅として栄えてきました。名古屋から小牧を経て中仙道へ通じる「上街道(うえかいどう)」が役人などが使う公用道だったのに対し、下街道は宿場も無く関所も無く、庶民が自由に行き来できる道として賑わっていたようです。

 そんな勝川は、勝川駅周辺の再開発がひと段落し、今や過去の面影が無いほど大きく変貌を遂げていますが、勝川は「庶民のまち」、「縁起のよいまち」として今なお健在です。

ふるき良き時代の勝川(Vintage)と再開発によって生まれ変わった新生かちがわ(New)。これからも勝川は庶民に親しまれるまちとして変化しつづけていきます。